山鹿温泉観光協会

さくら湯春の特別企画・山鹿の特産品「きんかん湯」の実施について

さくら湯では、春の特別企画をご準備しております!
.
「きんかん(金柑)湯」
山鹿市・鹿央~鹿本エリアは、県内最大のキンカンの産地です。
鹿央物産館など山鹿市内では、1月下旬から3月中旬の間、
果皮が柔らかく甘くて美味しいキンカンが店頭に並びます。
十分に熟すまで樹上に実を生らせておくキンカン作法を「完熟栽培」といい、
糖度が18~20度、果実の大きさは直径が3~4cmの大粒のハウスキンカンは「夢小町」と名付けられています。
キンカンは、かんきつ類の中で最も果実が小さく、皮に甘みと栄養がたっぷり含まれています。
ミカンに比べて、カルシウムが約7倍、鉄が約4倍、カリウム・ビタミンCが約2倍の栄養価があり、
かんきつ類にはあまり含まれないビタミンEを多く含むのも特徴です。
昔から、風邪の民間療法薬としてよく食べられていました。
キンカンの効能は血行がよくなり、体がポカポカと温まり、新陳代謝の促進が期待できると言われています。
.
「きんかん(金柑)湯」
期間 平成28年2月27日(土) ※1日限定
場所 さくら湯
時間 6:00~24:00<終日>
.
お問い合わせ 山鹿市さくら湯 0968-43-3326
協力)山鹿市農業振興課、鹿央物産館
.

  
山鹿温泉観光協会
Copyright © 2013 Yamagakankoukyoukai. All Rights Reserved.